アラフィフ アラシアンのアラシゴト 時々カゾクゴト
2016年10月04日 (火) | 編集 |

今日は、自治体の乳がん検診(マンモグラフィー)でひっかかり、

保健師さんがやってきて精密検査をしてくださいというので行ってきました。。

流れを書いてみます

マンモの結果は「構築の乱れ」と書いてあった。。ネットで調べてみると

腫瘤は明らかではないが、正常の乳腺構築が歪んでいる状態

で、浸潤性小葉がんの恐れがあるということでした

こちらのサイトがよくわかる→乳癌を正しく理解するために

自治体が教えてくれたクリニックに電話をいれ、撮影写真と紹介状をもって行きました

精密検査って超音波(エコー)なんですね。。まずは構築の乱れの説明

いわゆる「引きつれ」が写ってるらしい。。健診の結果は写真を二人の先生が見て、

ひとりは何ともない、もう一人は構築の乱れありと診断したそうで、カテゴリー3といわれた。

「構築の乱れの疑い」はみんなカテゴリー3です。

 カテゴリー1は「異常なし」、
 カテゴリー2は「良性病変のみ」、
 カテゴリー3は「がんを否定できず(がんである確率5~10%)」、
 カテゴリー4は「がんの疑い(がんである確率30~50%)」、
 カテゴリー5は「その検査上ではがん」

超音波の結果、なーんともありませんでした。挟み方が悪かったんでしょうだって。。

これよくあるそうです。。

で、素朴な疑問。。。マンモより超音波のほうがいいんですか。。と聞いてみました

答えはイエス。へ?なら最初から超音波にすりゃいいじゃん。。と思ったら

超音波は先生の腕がいるんですよー。なので先生が少ないってこと。。

そして、静止画がないのであとから見れないことが難点。。だそうです

あんなに簡単そうに見てるのになー。

で、乳腺がまだ多いうちはマンモでは白く写り、腫瘍も白く映るので判断がしにくいから

40代ではまだ超音波がいいですよ。できたら併用がいいですが。。と言われました。ふむふむ。。

いいこと聞いた。で、紹介状もあったからなのか、もともとなのか1900円で済みました。

めっちゃわかりやすい→乳がんプラザ

余談ですが、みてくれた若い男の先生、イケメンじゃないけどなんか素敵だった・・やばっ
テーマ:日記
ジャンル:日記
関連するタグ:
2016年09月10日 (土) | 編集 |
25年前も大人だった私。。。(学生ではあったが。。。)
その時は京都にいて全然盛り上がってなかった。。
一番カープ熱があったのは小学生の時。。
今はほとんどのエネルギーが嵐さんにそそがれている。。

でもカープファンのカープを思う気持ちと アラシアンの嵐さんを思う気持ち
そんなに違わないと思う 

22時台は優勝特番もやってなくて、しやがれ見れてよかった。。

テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
関連するタグ: